ブランド

黒いハサミとくし

一口に美容室で使われているサロン専売シャンプーといっても、多くのブランド、種類があります。
人気のサロン専売シャンプーとして、BC ファイバーフォース、スプリナージュ(オイル系)、BC オイル イノセンスなどがあります。
ファイバーフォース:髪の若返り効果
スプリナージュ:ベタつかず、しっとりなめらかな仕上がり
オイルイノセンス:香りがよく、しっとりとサラサラの丁度いいバランス
といったように、それぞれ特徴があります。
サロン専売シャンプーならどれでも良いというわけではなく、自分に合ったシャンプー選びが大切です。

選ぶポイント

白いクリーム

現在あらゆる種類のシャンプーが販売されています。その中でより良いシャンプーを選ぶには、ポイントとなることがあります。
ここでは、シャンプーを選ぶ際のポイントを紹介します。

●洗浄成分
市販シャンプーとサロン専売シャンプーでは、配合されている洗浄成分が違います。
コストを重視した市販シャンプーの強力な洗浄成分と比べ、サロン専売シャンプーには、髪や頭皮にやさしい成分が配合されています。
しかし、美容室での使用を目的としてつくられたサロン専売シャンプーは、その高額な成分のため、市販シャンプーより高価な商品となります。

●シリコン
強力な洗浄力であればあるほど、必要な脂分まで落としてしまう可能性があります。
それを防ぐために配合されるのが、シリコンです。
シリコンを配合することで、髪のきしみを改善することができ、指通りも良くなります。
市販のシャンプーの使用後、指通りがよくなるのは、シリコンと高級アルコール系の洗浄成分を組み合わせているからです。
しかし、毛穴にシリコンが詰まってしまう可能性も高く、髪、頭皮に悪影響を及ぼしてしまします。
最近では「ノンシリコンシャンプー」という、新しいタイプのシャンプーが人気となっています。

●その他
そのシャンプーの使用感がよくても、髪本来の美しさというものを壊してしまう危険性があるということを忘れてはいけません。
市販シャンプーを長期間使用した場合、髪のパサつき、ベトつきが悪化したり、カラーが褪色しやすくなったという状態があります。
サロン専売シャンプーは、美容師さん向けにつくられたシャンプーであるため、市販シャンプーと比べると値段は高価なものとなります。
しかし、その分得られる効果、美しさなどは、市販シャンプーと比べると明らかです。
特に、カラーやパーマを頻繁に行う方にとっては、もちの良いサロン専売シャンプーを使用することで、そのヘアデザインをより長く保つことができます。
値段や使用感で選ぶか、髪や頭皮へのダメージの少ない方を選ぶか、それぞれの違いをよく知った上で、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

市販の特徴

赤いブラシ

美容室で使うようなサロン専売シャンプーには、様々なメリットがありますが、もちろん市販シャンプーにもメリットはあります。
ここでは、市販シャンプーのメリットについて紹介します。

●市販シャンプーの特徴
市販シャンプーの特徴として、下記の5つがあげられます。
1.簡単にクリーミィな泡立ちを立てられる
2.満足できる泡立ちに加え、指通りが良い
3.香りが良く、髪につきやすい
4.容器やパッケージデザインが良い
5.サロン専売シャンプーと比べると、安価で購入することができる
これらの特徴からわかるように、市販シャンプーというのは、成分などにはこだわらず、そのイメージの良さを重視された商品となっています。
サロン専売シャンプーでは体感できないような指通りや泡立ちなどを体感することができます。
また、市販シャンプーは宣伝効果による販売意欲の増加もあり、CMの影響で購入したという例も少なくありません。
市販シャンプーは、素材の美しさや、髪、頭皮をよく考えたサロンシャンプーとは違い、あくまで商業目的としたシャンプーであるといえます。